掌編『本願』を、あらためてちゃんと書きたくなったので一旦下げますね。思い付いた一場面だけざっと書いて終わらせてたんですが、もっとストーリーを肉付けしたいなと思って。
関連する記事